快感を好む為に

セックスとは子孫を残す為に行う行為です。
しかし、人間は快感を得る為だけにセックスをする事が多いですね。
快感を得るだけという事は子孫を残さないという事です。
人間は子孫を残すといった目的から快感、快楽だけを得ることが出来るようになったのです。
その理由として避妊であり、オナニーであるのです。
避妊セックスとは子孫を残さずに、快感だけを得る事が出来るのです。
オナニーもそうですが、オナニーとは一人で出来る行為なので、相手は要りません。
セックスから快感だけを得る事に成功した今、快楽主義みたいなものが人間を大きく支配しています。
全てはセックスの為、もてる為にお洒落をしたり、良い物を持ったり、その為に必死で働いているという見方もできますよね。
しかし、中には子供が欲しい為にセックスをしているカップルもいますが、確率的に非常に少ないと言ってもいいでしょう。
現在、世界中で行っているセックスとは快感を得る為に行っていると言っても過言ではないでしょうね。
今の人間は、快感を得る事をメインに生きているようですね。
人間には、食欲、睡眠欲、性欲といった三大欲求がありますが、この性欲以外の二つが満足に足りている上での話ですけどね。
セックスとは快感、快楽を得るものでもありますが、コミュニケーションをとり、相手と仲良くする為に行う行為とも言われているようです。
このように本来の目的である子孫を残すセックスから、快感だけを求めるセックスへと変わってきたのですよ。